×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR九州 - 787系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






787系


写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

787系の写真館を開設しました。こちらで公開しております。

787系

博多駅に停車中の787系(撮影場所:鹿児島本線博多駅 撮影日:2008年10月8日)


定期運行の特急 リレーつばめ  (門司港〜新八代(〜鹿児島中央))
有明      (門司港〜肥後大津)
かいおう    (直方〜博多)
きらめき    (門司港〜博多)
設計最高速度 130 km/h
営業最高速度 130 km/h
1989年に試験車両として開発され、1992年に営業運転を開始した。
「つばめレディ」と呼ばれる女性客室乗務員による接客や、ビュッフェでの供食など、充実したサービスを提供した。
これは、1975年以前に新大阪〜博多間を結ぶ特急であった「つばめ」に釣り合うだけの格式ある列車とするためである。
現在は九州新幹線新八代〜鹿児島中央間の部分開業にあわせて新幹線と同じホームで乗換えができるよう設定された「リレーつばめ」として、九州を結んでいる。
運行区間の短縮化により、現在はビュッフェ車両が普通車とされ、先頭車の前半分をDXグリーン席とした。
「リレーつばめ」、「つばめ」は一体的に運用されており、博多駅などでも「新八代行き」ではなく「鹿児島中央行き」として案内されている。


787系

「リレーつばめ」ロゴ (撮影場所:鹿児島本線博多駅 撮影日:2008年11月8日)


管理人の編集後記


九州に初めて行ったときに驚いたのは、九州の電車は車体横についているロゴがすごいという事でした。
なかでも、この「リレーつばめ」のロゴは印象的で、国鉄時代から続いている「つばめ」のマークがエンブレムとして付けられている事にJR九州のこだわりを感じます。
美しいダークグレーの特急はこれからも九州の顔となってくれると思います。


戻る