×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - その他 - AE形U

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






AE形U



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

AE形U

複々線区間を抜けて成田スカイアクセス線に入る新AE形
(撮影場所:京成本線京成高砂駅 撮影日:2010年9月3日)


定期運行の特急 スカイライナー(京成上野〜成田空港)
営業最高速度 160 km/h
設計最高速度 170 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s

2010年7月17日の成田スカイアクセス線開業に伴い、都心と成田空港を結ぶ特急「スカイライナー」として登場した車両。
最高速度は特急「はくたか」が北越急行ほくほく線で運行する最高速度と同じ時速160km。日暮里〜成田空港間を36分で運行する。
エクステリアデザインのコンセプトは「風」。先頭車両は「疾風」をイメージした流線型となっている。
側窓は面積の大きい連続窓となっており、4号車のサービスコーナーにはアクセントとして丸窓を付けている。
車体の塗色は歴代スカイライナーと大きく異なり、ストリームホワイトをベースとしてウインドブルーを施し、コンセプトである「風」を強調させている。
スカイライナーの頭文字「S」を毛筆によりデザイン化し、スピード感を出している。また、「i」の文字に日の丸を加えることで、日本を代表する空港特急であることを発信している。
インテリアデザインのコンセプトは「凛」。ドーム型天井を持ち、ガラス素材の活用により透明感・清涼感を印象づけている。
旅客車としては最大級の26型ディスプレイで案内を行うほか、座席にはコンセントが用意されるなど、最新技術が搭載されている。



AE形U

新AE形の「スカイライナー」ロゴ(撮影場所:京成本線日暮里駅 撮影日:2010年9月3日)


管理人の編集後記



京成電鉄の新たなエース、新AE形です。
めっちゃかっこいい!!この一言に尽きると思います。
東京旅行の目的も、この電車を撮影するためだと思っても過言ではありません。
成田に行く機会はそうないかと思いますが、是非乗ってみたいですね。

戻る