×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - その他 - 智頭急行 HOT7000系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






智頭急行 HOT7000系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

HOT7000系

カーブを曲がり京都を目指すHOT7000系(撮影場所:東海道本線山崎駅付近 撮影日:2009年5月6日)


定期運行の特急 スーパーはくと  (京都〜鳥取)
設計最高速度 160 km/h
営業最高速度 130 km/h
1994年12月に開業した京阪神と鳥取を短絡する智頭急行智頭線と同時に運行を開始した特急「スーパーはくと」として登場した智頭急行の特急。
HOTの頭文字は智頭線が通過する県の頭文字(Hyogo、Okayama、Tottori)をとって並べたものとなっている。
気動車ながらも京阪神のアーバンネットワークに対応するため最高速度130km/hと強力な加速力を有し、制御式振り子機構を搭載して急カーブに対応するなど大幅なスピードアップを目指して製造されている。
智頭線開業当初は「はくと」としてJR西日本保有のキハ181系も運用されていたが、1997年の増備により、全列車が「スーパーはくと」で運用されることとなった。
2007年度から「なごみ」をテーマとした内装へのリニューアル工事が行われており、落ち着いた内装へと変わっている。


HOT7000系

先頭車の側面(撮影場所:JR京都線京都駅 撮影日:2009年5月6日)



管理人の編集後記


この列車との出会いは2004年のことだったと思います。京阪神の特急は知っているつもりなのに、この列車は初めて見ました。
あとで調べてみてもどの車両なのかわかりません。JRばかり調べていたからです。
その後、京都に行く機会がいくつかあったときに列車愛称の「スーパーはくと」から調べると、JRの車両ではないことがわかりました。
独特の流線型、高速で京阪神間を走りぬける機動性は本当に圧巻です。
鳥取、行く機会あるかなぁ・・・。

戻る