×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 阪神電鉄 - 5000系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






5000系


写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

5000系

杭瀬駅を出発する5000系(撮影場所:本線杭瀬駅 撮影日:2009年3月10日)


設計最高速度 110 km/h
営業最高速度 91 km/h(急行106 km/h)
起動加速度 4.5 km/h/s
「ジェットカー」の試作車である初代5001形を置き換えるため、1977年より本格的に製造された系列。初代が廃車された3日後に本形式の初期車が竣工された。
路線の駅数が多いという問題点を改善するため、起動加速度を国内最高の4.5km/h/sに、減速度を5.0km/h/sに引き上げた「ジェットカー」の一員。
また、阪神の各駅停車用車両としては初めての量産冷房車となり、登場当初は人気が高かった。
また、本系列は1981年までに製造された2代目5001形と1981年より製造された5131・5331形の2タイプがある。
両者の違いは主に車両制御装置で、5001形は抵抗制御、5131・5331形はより電力節約効果の高い電機子チョッパ制御を採用している。





管理人の編集後記



阪神の中では未だにその姿を多く確認できる系列です。
起動加速度の高さは抜かれることはなく、未だに日本一という凄い車両です。
21世紀を迎え、車齢は30年を超えていますが、まだまだ現役一直線の電車の力強さを感じました。

戻る