×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 阪神電鉄 - 5500系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






5500系


写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

5500系

杭瀬駅を出発する5500系(撮影場所:本線杭瀬駅 撮影日:2009年3月10日)


運行路線 本線 (梅田〜元町)
なんば線 (大阪難波〜尼崎)
神戸高速線 (元町〜西代)
山陽電鉄本線 (西代〜東須磨)
設計最高速度 110 km/h
営業最高速度 91 km/h
起動加速度 4.0 km/h/s
1995年の阪神・淡路大震災で被災し不足した普通列車用車両の増備の為、計画を前倒しして導入した各駅停車用の車両。
震災から乗り越える意味を込め、従来の普通列車のイメージを一新するために従来の普通列車から塗色を大幅に変更した。
阪神電鉄としては初めてVVVFインバータ制御を採用した車両で、各駅停車用のため、起動加速度を重視した「ジェットカー」の一員でもある。
起動加速度自体は以前の「ジェットカー」と劣るが、高い加速度を維持する領域を時速35kmから時速65km程度まで引き上げ、中速度領域での加速性能を高めている。
この車両のマイナーチェンジ版として、フルカラーLEDによる行先表示器などを搭載した5550系が存在する。



管理人の編集後記



A21CやA2001にも搭載されている阪神のニュー・ジェットカーです。
この電車を見ると、「ザ・鉄腕DASH」でTOKIOが競争していたのを思い出します。
撮影しに行ったときは、予想していたよりもこの電車を見る回数が少なくて、撮った写真もたったの1枚でした。
普通列車の中では最大勢力らしいのですが、運用範囲が広いので少なく見えただけかな・・・?


戻る