×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 京急電鉄 - 2100形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集





2100形



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

2100形

長旅を経て品川へと戻る2100形(撮影場所:本線品川〜北品川間 撮影日:2010年9月3日)


設計最高速度 130 km/h
営業最高速度 120 km/h
起動加速度 3.5 km/h/s
京急本線・久里浜線の快速特急として運行していた2000形の後継機として1998年に登場。
京浜急行電鉄の創設100年を記念し、21世紀へ向かう電車として2100という形式番号が与えられた。
2000形よりさらに居住性や乗り心地を高め、座席はオールクロスシートとし、ドア間は京急初の転換クロスシートとなっている。
走行機器については省エネルギー、省メンテナンスを図りVVVFインバータ制御や主電動機、空気圧縮機などに主に海外製のものを採用。クロスシートもノルウェー、スウェーデン製のものを使用している。
1998年から2000年にわたって4次車まで製造されており、現在8両編成が10本在籍し、快特や京急ウィング号として運行している。


2100形

スリット状に入れられている2100形の形式番号(撮影場所:本線品川〜北品川間 撮影日:2009年9月3日)


管理人の編集後記



高速運転を誇る京浜急行の21世紀の世に送り出すべくして出た車両ですね。
色んなサイトを回ってみてみたのですが、車内が結構綺麗ですね。赤いボディーからは想像もできない落ち着いた空間になっています。
こんなに綺麗な車内なら、せっかくなので乗ってみたいと思ってしまうような車両です。
東京旅行の時はあまり出会うことがありませんでしたが、2枚目の形式番号をアップで撮った写真はなかなかお気に入りです。


戻る