×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 京王電鉄 - 7000系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A列車で行こうコーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集





7000系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

7000系

各駅停車として高尾山口までの長距離運行を行う(撮影場所:京王線笹塚駅 撮影日:2010年9月4日)


設計最高速度 120 km/h
営業最高速度 110 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s
2010系や5000系といった冷房非対応車の置き換えのため、1984年に京王電鉄初となるオール軽量ステンレス製車両として登場。
当初はそういった経緯から普通列車の運用にとどまっていたが、2001年のダイヤ改正から特急、準特急として運行される機会が増えた。
6000系の基本スタイルを継承し、運転台や停車駅表示などの車両制御に関する機器や、界磁チョッパ制御という制御方式において6000系と同様のものを採用しており、台車は6000系と同系統のものを使用している。
1990年代はアイボリー一色の帯を窓下に巻いていたが、2002年に全編成が京王電鉄のコーポレートカラーであるピンクと紺色の2色の帯を巻いた。
2001年度から長期に渡って更新工事が行われている。その内容も年々規模が拡大し、2003年度からは制御装置をVVVFインバータ制御装置に変更、2007年度からは座席の変更や窓ガラスの変更、2008年度からは行先表示器をフルカラーLED式への変更などが行われている。

7000系

フルカラーLED化の工事を受けた7000系(撮影場所:京王線笹塚駅 撮影日:2010年9月4日)


管理人の編集後記



京王電鉄の新世代のさきがけとなった車両の1つです。
10年間も少しずつ更新工事を受けているのにはとても驚きましたね。それだけ運用には欠かせない車両な上に更新工事がかなり大規模なので、少しずつしか出来ないということでしょうか。
この車両とは東京旅行の時に笹塚駅で撮影したのが初めて。しかも今掲載している2枚の写真しか撮れず…。
今度は都心に近いところではなく、さらにいい撮影地を探して撮影したいです。


戻る