×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 名古屋鉄道 - 6750系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






6750系


写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

6750系

カーブを曲がる6750系(撮影場所:瀬戸線守山自衛隊前〜矢田間 撮影日:2010年9月2日)


設計最高速度 100 km/h
営業最高速度 100 km/h
起動加速度 1.6 km/h/s
1986年より瀬戸線向けに開発された車両で、モーターから輪軸に動力を伝達する単純な吊り掛け駆動方式を採用している。
2010年現在、大手私鉄の狭軌以上の旅客車両の中で唯一残る吊り掛け駆動方式車両である。
冷房機器を搭載しない旧式電車の置き換えのため、約10年ぶりに旧型車の足回りを転用する方法で製造された。
登場当初は6650系という呼称だったが、1990年に仕様を大きく変えた2次車の登場により、6750系と称されるようになった。
瀬戸線用の4000系の導入とメンテナンスの不備、足回り機器の老朽化のため、2011年3月のダイヤ改正で運用を撤退、3月19日にさよなら運転を実施し、4月に廃車となった。

管理人の編集後記



同じ瀬戸線専用の車両である4000系にバトンを渡しつつある車両です。
事実上2編成しか残っていないので、1時間弱の撮影時間で撮影できた僕はもしかしたら幸運なのかもしれませんね。
残念ながら引退してしまいましたが、なんとか撮影できたのがすごく良かったです。


戻る