×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 小田急電鉄 - 30000形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






30000形



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

30000形

南新宿駅を通過する30000形EXE(撮影場所:小田原線南新宿駅 撮影日:2010年9月3日)


定期運行の特急 はこね (新宿〜箱根湯本)
さがみ (新宿〜小田原)
えのしま(新宿〜片瀬江ノ島)
営業最高速度 110 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s

観光特急としての地位を確立したロマンスカーをより柔軟な運用が出来るように1996年に登場した形式。
経年劣化が目立つ3100形「NSE」を置き換えた。
ロマンスカーの伝統であった展望席・連接台車を採用せず、より通勤に特化した車両となっている。
6両+4両で併結運行しており、平日は「さがみ」と「えのしま」を2階建て運行し、相模大野駅で分割・併合を行っている。
外装はブロンズカラーをベースにしており、列車愛称である「EXE(Excelent Express)」に名前負けしない豪華さを放つ。
小田急の特急列車としては初めてVVVFインバータ制御や、シングルアームパンタグラフを採用している。
現在、10両編成(6両+4両)7本が在籍しており、小田急線の各地へと足を伸ばしている。


管理人の編集後記



今までの小田急には無かった車両の豪華さを感じることが出来る特急列車です。
ロマンスカーの新境地を見出した車両と言っても過言ではないでしょうね。
今は南新宿での写真だけですが、これから色々なところで撮影したくなるような車両の一つです。

戻る