×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 東武鉄道 - 10000系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






東武鉄道 10000系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

10000系

スカイツリーの前を通過して浅草へと目指す10030系50番台
(撮影場所:伊勢崎線浅草〜業平橋間 撮影日:2010年9月3日)


設計最高速度 110 km/h
営業最高速度 100 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s

1983年に8000系の後継車として登場した通勤型電車。前面は丸い前照灯と後尾灯が縦に付いており、左右対称の車体となっている。
2両、6両、8両編成(1989年に一部の8両編成は10両編成化)が製造され、それぞれ運行する線区が決められている。
1987年よりマイナーチェンジ車である10030系が登場。前面が大きく変更され、前照灯と後尾灯が横に並んだレイアウトになっているほか、台車、補助電源装置、座席などの変更がなされた。1992年には連結器を変更し、車椅子スペースを用意した50番台が製造されることになるなど、10000系系統は様々なマイナーチェンジが行われたことが特徴である。
現在も本線系統の路線を中心に、沿線都市で見ることができる。



管理人の編集後記



様々なマイナーチェンジが行われた車両の一つですね。
10030系なんかは前面部分がJRの211系にそっくりでビックリしました。
私鉄ならではの変遷を経て10年間に渡って製造され続けた非常に面白い車両です。

戻る