×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR東海 - 119系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






119系



119系の写真館を開設しました。こちらで公開しております。

写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

119系

新城行きの119系を真正面から(撮影場所:飯田線豊橋駅 撮影日:2010年7月17日)


運行路線 飯田線 (豊橋〜辰野)
中央本線(辰野〜上諏訪)
設計最高速度 100 km/h
営業最高速度 100 km/h
起動加速度 1.6 km/h/s
1982年に長大電化ローカル線である飯田線の体質改善を目指し、旧型国鉄電車を淘汰した形式。
当時は以前から新製電車の置き換えが掲げられていたが、長い運行区間、急勾配、短い駅間などの特長を持つ飯田線には115系などの置き換え車両が向かないので、新たな形式を導入する運びになった。
高速性能よりも加速力を重視した走行特性を持つ105系をベースとし、座席はセミクロスシート、勾配抑速ブレーキ、半自動ドア、トイレ付きといった飯田線の路線事情に合わせたモデルチェンジが施されている。
2009年8月に1編成2両のみが登場当初の塗色に復元され、スカイブルーに白帯の119系を見ることが出来る。
現在も路線長200kmの長大路線を直通で走り続けている。



119系

夕暮れの空をバックに、豊橋へと目指す(撮影場所:飯田線船町〜下地間 撮影日:2010年10月4日)


管理人の編集後記



飯田線専用のオーダーメイド車両です。
僕はこの電車を岐阜県の穂積駅で初めて見ました。回送運転の途中、待避線で運転停車していました。
見た目はJR西日本の桜井線で走っている105系そっくり。思わず保存していた写真と見比べるほどでした。
その後豊橋に移って運行中の119系を見ることがしばしば。
長い長い飯田線をこれから走る119系にエールを送り続けています。

戻る