×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR西日本 - 24系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






24系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜200KB程です。)

24系

琵琶湖をバックに走り抜ける「トワイライトエクスプレス」
(撮影場所:湖西線蓬莱〜志賀間 撮影日:2009年3月27日)


運用特別列車 北斗星  (上野〜札幌)
はまなす (青森〜札幌)
日本海  (大阪〜青森)
あけぼの (上野〜青森)
トワイライトExp (大阪〜札幌)
設計最高速度 110 km/h
営業最高速度 110 km/h
1973年に国鉄が設計・製造した車両。
床下のディーゼルエンジンによって電源を確保する「分散電源方式」を採用していた14系が北陸トンネル内で火災事故を起こしたことから、独立した電源で対応した「集中電源方式」を採用した寝台特急用客車として登場した。
防火対策を強化し、集中電源方式となったほかは14系に準じており、青色ベースの車体に白いラインが引かれている。
1973年度下期には、山陽新幹線岡山〜博多間開業を見越して定員を減らし、居住性を高めた24系25形が製造された。
その後7年間にわたって量産が続けられ、ブルートレインの主力形式となった。
2008年3月の「なは」運用廃止により、大阪以西では見られなくなっているものの、熊本車両センターに留置されている24系を見る事ができる。
現在運用されている特別列車は、東京、大阪から青森、北海道などの北日本を結ぶ特急および急行に限られている。





24系

大阪を目指すトワイライトエクスプレス(撮影場所:JR京都線山崎駅 撮影日:2008年4月27日)


管理人の編集後記



現在減りつつある「ブルトレ」の中核を担う車両です。
特に「トワイライトエクスプレス」では、高級感あふれる豪華な居住スペースで乗客を幻想的な空間へと導き、その豪華さゆえ予約を取るのが非常に難しい特急の一つです。
臨時列車であることが多いうえに走っている路線が限定されているのでなかなか撮影は難しいです。撮影するときさえも失敗しないよう神経をすり減らしながらシャッターを切ります。
一生のうち1回は絶対乗っておきたい列車です。

戻る