×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - その他 - 名古屋臨海高速鉄道 1000形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






名古屋臨海高速鉄道 1000形



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜500KB程です。)

1000形

名古屋駅を出発する1000形(撮影場所:あおなみ線名古屋駅 撮影日:2009年11月8日)


1950年に国鉄によって開通された貨物路線である西名古屋港線を通る通勤型列車。
2004年に旅客化し、第三セクターによって運営される形で営業運転がスタートする。
外装はコーポレートカラーである濃淡ブルーの帯を施し、先頭に編成番号を大きくかたどっている。
内装はロングシート、紫外線をカットするための窓が取り付けられている。窓配置はJR東海 211系、扉の位置は313系に準じたものとなっている。



1000形

1000形のパンタグラフと側面(撮影場所:あおなみ線名古屋駅 撮影日:2009年11月8日)


管理人の編集後記


「あおなみ線」の愛称を持つ西名古屋港線の電車です。
あおなみ線は名古屋駅ホームの撮影のみ行ってきました。東海地方には少ない真四角の電車で、さわやかなブルーのラインが印象的でした。
終点の金城ふ頭駅付近は海に近づくところなので、是非海をバックにした写真を撮ってみたいです。


戻る