×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR東日本 - E351系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






E351系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

E351系

カーブを曲がって松本を目指すE351系(撮影場所:中央本線豊田〜日野間 撮影日:2010年9月4日)


定期運行の特急 スーパーあずさ (新宿〜松本)
営業最高速度 130 km/h
設計最高速度 160 km/h

中央本線の特急列車として運行されていた183系の置き換え及び高速バスの対抗馬として1993年に登場した車両。
車体傾斜をコンピュータで制御する制御付き自然振り子装置を採用した車両となっており、カーブを高速に曲がることができる。
車両の傾斜による車両限界を超えないように、卵型になっている。
先頭は高運転台となっており、非貫通型と貫通型が存在し、それぞれヘッドライトの位置が異なる。
最速達列車は新宿〜松本間を2時間25分で結び、表定速度は山岳路線でありながら時速90kmを超える。


管理人の編集後記



中央本線東のエース、E351系です。
この写真を見たときは編成が長いことにびっくりしました。12両編成のようです。
どうでもいい話ですが、前面の「スーパーあずさ」のロゴマークが以前通っていた岐阜高専のロゴマークにそっくりで、ちょっとびっくりしました。
今回の写真はカーブながらも車体が傾いていないので、今度はちゃんと振り子装置が動作している区間で撮影したいです。

戻る