×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 小田急電鉄 - 50000形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






50000形



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

50000形の写真館を開設しました。写真館では全写真Full HD級の高解像度画像でお届けします。
こちらで公開しております。


50000形

新宿〜南新宿のカーブを曲がる50000形VSE
(撮影場所:小田原線新宿〜南新宿間 撮影日:2010年9月3日)


定期運行の特急 はこね (新宿〜箱根湯本)
営業最高速度 110 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s

小田急の新観光特急として2005年3月に登場。10000形「HiSE」以来となる前面展望・連接台車を持つ車両である。
愛称は「VSE(Vault Super Express)」。Vaultは「ドーム状の天井、天空、空間」という意味を持ち、この車両の特徴を捉えた単語である。
2005年度グッドデザイン賞及び2006年度ブルーリボン賞を受賞している。
側面窓は長さ4mにも及ぶ連続窓を採用、さらにシートが5度窓向きに設定されており、眺望を確保している。
また、天井は高さ2.55mの高いドーム状天井となっており、全体を暖色系の色で統一するなど、居住空間の快適さも考えられている。
10両編成の3・8号車には車内売店及びフリースペースを配置しており、大型窓によりより良い展望が可能である。
カーブの時に空気ばねの力で車体を傾斜させる簡易振り子機構を搭載。曲線通過時の乗り心地を改善した。
製造元である日本車輌製造からの甲種輸送では、車両全面を白くラッピングし、全容を明らかにしなかった。


50000形

走行中にVSEのロゴを撮影(撮影場所:小田原線新宿〜南新宿間 撮影日:2010年9月3日)


管理人の編集後記



ロマンスカーのエースですね。すごく豪華な作りになっていることは間違いありません。
東京旅行に行く前、新しいロマンスカーはMSEしか知らなかったので、見たときは衝撃的でした。
個人的に気に入っているのはヘッドライトの部分。あのヘッドライトの位置だからこそ、流線型の前面に広い居住スペースを実現させる展望席を置くことができ、なおかつ見た目を損なわない車両に仕上げることが出来るのだと思います。
調べれば調べるほど、もっと撮りたくなる、乗りたくなる車両ですね。

50000形

終点、箱根湯本に到着するVSE
(撮影場所:箱根登山鉄道鉄道線箱根湯本駅 撮影日:2013年6月23日)


戻る