×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 小田急電鉄 - 60000形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






60000形



写真をクリックするとFull HD級の高解像度画像が表示されます(サイズは500〜1000KB程です。)

60000形の写真館を開設しました。一部Full HD級の高解像度画像でお届けします。
こちらで公開しております。


60000形

カーブを曲がる60000形MSE、ヘッドライトの光で輝くレールがなんとも…。
(撮影場所:小田原線新宿〜南新宿間 撮影日:2010年9月3日)


定期運行の特急 メトロはこね (北千住〜箱根湯本)
メトロさがみ (北千住〜本厚木)
あさぎり   (新宿〜御殿場)
営業最高速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.4 km/h/s

東京メトロ千代田線へのロマンスカー乗り入れのために開発された車両。2008年3月から営業運転を開始した。
愛称は「MSE(Multi Super Express)」で、多彩な運用が可能であるという意味を表す。
2009年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。
特急用車両(座席指定車両)として初めて地下鉄に乗り入れる車両で、ロマンスカー伝統の流線型をもちながら地下鉄で非常時に脱出するための貫通扉を持っている。
6両編成と4両編成が存在し、併合によって10両編成での運行も可能になっている。
外観はフェルメール・ブルーをベースにロマンスカー伝統のオレンジバーミリオンのラインを施したものとなっている。
車内は木目調の化粧板にワインレッドのカーペットを敷き詰め、LED照明を採用することで落ち着きのある居住空間を提供する。
日本の鉄道車両として初めてAED(自動体外式除細動器)を設置しており、その後ロマンスカーの全列車にAEDが搭載されることとなった。
現在は東京メトロに直通する「メトロさがみ」・「メトロホームウェイ」を中心に運用されている。
また、2012年3月よりJR東海371系および小田急20000形RSEから引き継ぐ形で特急あさぎりとして運用されるようになり活躍の幅を大きく広げている。


60000形

御殿場線の山の中を走るMSE(撮影場所:御殿場線谷峨〜山北間 撮影日:2013年1月10日)


管理人の編集後記



東京旅行の時に1回新宿で、あさぎり運用になってからは2回御殿場で出会いました。
地味に一番撮影できているロマンスカーじゃないでしょうか?
これだけ撮ったんだから、今度は是非乗りたいですね!

戻る