×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR東海 - 371系

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






371系



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

371系の写真館を開設しました。一部Full HD級の高解像度画像でお届けします。
こちらで公開しております。


371系

富士山トレイン371として静岡県を横断中
(撮影場所:東海道本線興津〜清水間 撮影日:2013年7月20日)


定期運行の特急 (定期運行なし)
設計最高速度 120 km/h
営業最高速度 110 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
1991年まで小田急3000形「SSE」によって片方向乗り入れで運行していた急行「あさぎり」(新宿〜御殿場)を特急に格上げし、同車の置き換えと相互乗り入れのため登場した車両。
2009年時点では、特急「あさぎり」の2,3,6,7号をこの車両で運行し、残りの1,4,5,8号は小田急20000形「RSE」が運行していた。
相互乗り入れの協定から小田急20000形とほぼ同一の仕様であるが、両車とも全く異なる設計思想により開発された。
「ワイドビュー」の愛称どおり、側窓は大きな連続窓になっており、運転席後部も大きくガラス張りとなっている。
7両編成のうち3号車・4号車がダブルデッカーとなっており、2階がグリーン席、1階が車内販売カウンターと1+2列シートとなっている。
100系新幹線を意識して開発されたともいわれており、登場当初の100系と全く同じ色を使ってカラーリングしている。

2012年3月のダイヤ改正により特急あさぎりの相互乗り入れが中止になり、特急あさぎりは全て小田急60000形MSEでの運行となった。
今後は富士山トレインなどのイベント列車として運行される可能性が示唆されている。

371系

小田急新宿を出発する特急あさぎり時代の371系、この姿はもう見ることができなくなった。
(撮影場所:小田急小田原線新宿〜南新宿間 撮影日:2010年9月3日)


管理人の編集後記


東京旅行に行った時、小田急新宿駅で初めてその姿を目撃しました。JR東海らしからぬフォルムでとにかく興味深かったです。
特急あさぎりから引退後はどうなるのかなーと思っていたのですが、先日チラッと鉄道記事を読んでいると「371系臨時快速列車」の文字が。ちょうど翌日が指定席券発売日だったので即購入しました!
乗車したのはさわやかウォーキングイベントで運行される臨時快速列車「おやまウォーキング」。イベント参加は必須ではないので、行きは静岡から沼津までダブルデッカーの1階普通席、帰りは駿河小山から静岡までダブルデッカーの2階グリーン席に乗ってきました。
乗車中はとにかく快適で、素晴らしいひとときを過ごすことができました。
こんな素晴らしい列車ですから、どこかでまた定期運用に就いてほしいんですけどねぇ・・・。

戻る