×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - 小田急電鉄 - 7000形

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






7000形



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

7000形

新宿を出発。30年たった今も箱根と都心をつなげている
(撮影場所:小田原線新宿〜南新宿間 撮影日:2010年9月3日)


定期運行の特急 はこね (新宿〜箱根湯本)
さがみ (新宿〜小田原)
営業最高速度 110 km/h
設計最高速度 140 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s

1980年12月に登場。愛称「LSE(Luxury Super Express)」として特急「はこね」に運用された。
登場翌年の1981年に鉄道友の会第24回ブルーリボン賞を受賞。
旧型車の3100形「NSE」と基本的な設備は同じであるが、前面の傾斜角を急にし、ワンハンドルマスコンを小田急で初めて採用するなどの変更を行っている。
列車愛称表示器が字幕になったのもこの車両が初めてで、縦に回転して切り替わるものが主流だが、この形式は横に回転して切り替わる。
車両の間に台車がある連接台車となっており、1両の長さが短い。
登場当初はオレンジ色と白色のラインが施されている塗装だったが、1995年のリニューアル工事より10000形「HiSE」と同じ白ベースにワインレッドのラインを施した塗装となった。その後、2007年に小田急電鉄開業80周年を記念して1編成のみ旧塗装に戻している。
現在は「HiSE」と共通運用となっており、主に「はこね」「さがみ」に使われている。


管理人の編集後記



以前からなぜかHiSEだけ知っていたので、撮影した時はてっきりこの車両がHiSEだと勘違いしていました。
見比べると、「ぜんぜん違うじゃん」ということが分かり、恥ずかしい思いをした記憶があります。
登場から30年も経っているとは思えないほど小田急の最前線で走り続けていますね。
ちなみに、A21Cでも旧塗装のものが登場しているので、機会があれば是非使ってみたいです。

戻る