×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 特集記事バックナンバー - 2011年4月6日 - 2

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集




2.ダイヤ改正に踏み切った理由



画像
改正前
「ダイレクトライナー」の運行路線
画像
改正後
「おうみライナー」の運行路線
今回、ダイヤ改正に踏み切った理由は、完成直前に新設した路線である奥勢線未完成であったからです。

小勢駅ではすでに直通快速「シーライナー」があったため、奥勢線の電車が小勢駅に入る隙があまりなく、ダイヤ設定が複雑でした。
また、奥勢線はすでに設定されている2つの駅を結んだ特殊な路線であるため、駅間などもかなりバラバラで、敷設にもかなりの労力を要しました。
その時設定した直通快速「ダイレクトライナー」が辛うじて直通できる唯一の快速だったんです。

そういう意味で、「もうちょっとここのダイヤを煮詰めることができると、もっと面白い街になるな」と思っていたんです。

そこで思いついたのが、ダイレクトライナーの運行区間延長

奥見駅を改造して奥見本線に乗り入れさせ、小羽駅まで運行させることで小羽〜小勢間の輸送力増強を図るという作戦でした。
ですが、小羽駅では長時間停車する列車が多く、その中に電車を入れるのさえ大変です。

「じゃあ、一気に全部変えちゃえ!」と思って取り組みだしたのが、今回のダイヤ改正でした。

戻る