×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - 鉄道写真 - JR東日本 - E233系1000番台

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集






E233系1000番台



写真をクリックすると拡大します(サイズは100〜300KB程です。)

E233系1000番台

真正面からE233系を撮影。他の車両と比べてかなり幅が広いことが印象的。
(撮影場所:京浜東北線神田駅 撮影日:2010年9月4日)


運行路線 京浜東北線(大宮〜横浜)
根岸線  (横浜〜大船)
設計最高速度 120 km/h
営業最高速度 95 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s
大量増備されたE231系やE531系の車両をベースとして登場した後継形式。
登場から15年が経った中央本線201系の置き換えとして0番台が2006年12月に営業開始。翌年には、早くも老朽化が目立つ京浜東北線用の209系を置き換えとして1000番台が登場した。
設計製造時のコンセプトである「ゆとり」を持たせており、シートピッチが従来のE231系より広くなっている。
「ゆとり」のコンセプトは運用側にも考慮されており、主要機器の二重設置により、機器故障やトラブルの時でも被害を最小限に留められるよう配慮されている。
1000番台は0番台と比較して前面周りの帯の配色方法が異なっており、列車情報案内ディスプレイがワイド化されているなど、マイナーチェンジが行われている。
また、安全面も京浜東北線に合わせた変更を行っており、209系と同様の超音波ホーム検知装置やデジタルATCなどを搭載している。
209系で連結されていた6扉車の連結は行われていない。この理由として、京浜東北線の混雑が緩和されてきたことや車両自体の定員増加などが挙げられる。


E233系1000番台

カーブを曲がるE233系1000番台(撮影場所:京浜東北線神田駅 撮影日:2010年9月4日)


管理人の編集後記


209系0番台を淘汰した最新型の京浜東北線車両です。
東京旅行の時は本当によく乗ったくせに、撮影した枚数が本当に少なかったです。
9月4日、寝坊気味でホテルから出て直接常磐線を撮りに行くところでしたが、山手線や京浜東北線を撮っていないことに気付き、車窓から撮れる所を探してチャチャっと撮影したという情けないお話。
山手線や京浜東北線にも有名な撮影地があるみたいなので、今度行くときはちゃんと時間をとって撮影したいです。

戻る