×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google
Web検索 UXM内検索

Urban eXpress Museum - Top - A21C - 園郷市 - 急電本線

トップページ

注意事項

自己紹介

特集記事

鉄道写真コーナー

デジタルフィルターコーナー

フリー写真コーナー

A21C自作街コーナー

A9自作街コーナー

UXM-BBS

ネットラジオ「Rail.io-eXpress」

ブログ「WEBLOG-eXpress」

メールフォーム

リンク集





急電本線



停車駅




急電本線は、園郷市北部にある瀬高山を切り開いて新しく開業した山元〜升岡間の短絡線です。
都市部の普通列車として207系、閑散部の普通列車として223系3両が運用されています。
優等列車は快速が223系5両、山元〜升岡間をノンストップで結ぶ特急には681系が運用されています。


各駅の説明


急電山元駅  瀬高山口駅  瀬高山駅  急電山岡駅  升岡駅 


急電山元(きゅうでんやまもと)駅



利用可能路線急電本線
山元線(山元駅)
駅形式高架型2面4線
線路構成 (南から)
1番線:急電本線 瀬高山口・升岡方面(特急・快速列車用)
2番線:急電本線 瀬高山口・升岡方面
3番線:急電本線 瀬高山口・升岡方面
4番線:急電本線 瀬高山口方面(普通列車用)
隣の駅 急電本線普通
     急電山元 - 瀬高山口
急電本線快速
     急電山元 - 瀬高山口
急電本線特急
     急電山元 - 升岡
一日の利用客数10,645人


急電本線の基点駅。山元線山元駅及び宮根駅から乗換えが可能。
1時間半に1本の特急は升岡までノンストップで結ぶ。

一番上へ


瀬高山口(せだかやまぐち)駅



利用可能路線急電本線
駅形式地上型2面4線
線路構成 (南から)
1番線:急電本線 急電山元方面(特急・快速列車用)
2番線:急電本線 急電山元方面(普通列車用)
3番線:急電本線 瀬高山・升岡方面(普通列車用)
4番線:急電本線 升岡方面(特急・快速列車用)
隣の駅 急電本線普通
     急電山元 - 瀬高山口 - 瀬高山
急電本線快速
     急電山元 - 瀬高山口 - 升岡
一日の利用客数11,384人


急電本線の駅。瀬高山の麓に作られた近郊住宅街が広がる街の駅。
都市部の普通列車と閑散部の普通列車とはここで接続する。

一番上へ


瀬高山(せだかやま)駅



利用可能路線急電本線
駅形式地上型1面2線
線路構成 (南から)
1番線:急電本線 瀬高山口・急電山元方面
2番線:急電本線 升岡方面
隣の駅 急電本線普通
     瀬高山口 - 瀬高山 - 急電山岡
一日の利用客数1,151人


急電本線の駅。瀬高山の頂上に作られた小さな駅。
のどかな田園風景が広がる。

一番上へ


急電山岡(きゅうでんやまおか)駅



利用可能路線急電本線
駅形式地上型1面2線
線路構成 (西から)
1番線:急電本線 瀬高山口・急電山元方面
2番線:急電本線 升岡方面
隣の駅 急電本線普通
     瀬高山 - 急電山岡 - 升岡
一日の利用客数984人


急電本線の駅。園郷市中北部に位置する穀倉地帯。
ここから下ると
南山岡信号場が見え、真岡本線と合流する。

一番上へ


升岡(ますおか)駅



利用可能路線真岡本線
美並線
山口線
急電本線
駅形式複合型4面8線
線路構成 1階(南から)
1番線:美並線 真正・山元方面 (特急列車用)
2番線:真岡本線 伊香・三松方面   美並線 美並・三松方面 (普通列車用)
3番線:山口線 山口方面 (特急列車用)
4番線:山口線 斉木・山口方面 (普通列車用)

2階(南から)
5番線:急電本線 瀬高山口・急電山口方面 (普通列車用)
6番線:急電本線 瀬高山口・急電山口方面 (普通列車用)
7番線:急電本線 瀬高山口・急電山口方面 (快速列車用)
8番線:急電本線 急電山口方面 (特急列車用)
隣の駅 真岡本線普通
     伊香 - (南山岡信号場) - 升岡
美並線普通
     坂田 - 升岡
山口線普通
     升岡 - 奥村
真岡本線・美並線・山口線特急
     真正 - 升岡 - 奥村
急電本線普通
     急電山岡 - 升岡
急電本線快速
     瀬高山口 - 升岡
急電本線特急
     急電山元 - 升岡
一日の利用客数10,850人


真岡本線、美並線、急電本線の終点駅であり、山口線の基点駅。
複合型4面8線のターミナル駅であり、園郷市をつなぐために必要不可欠な駅となっている。
かつては急電本線とその他の路線とで駅が分かれて建設されていた。

一番上へ


戻る